san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

縄張図片手に廻る彦根城 二の丸馬屋(重要文化財) 家老屋敷跡

f:id:san-nin-syu:20210818180110j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180116j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180151j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180159j:plain

●現在地より見る本丸

f:id:san-nin-syu:20210820142103j:plain
f:id:san-nin-syu:20210820142114j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180317j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180339j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180346j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180510j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180517j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180524j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180535j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180544j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180551j:plain

近世城郭の中で、城内に往時の馬屋が現存するのは彦根城だけで、国の重要文化財に指定されています。建物はL字形をしていて、佐和口の櫓門に接する東端に畳敷の小部屋、反対の西端近くに門があるほかは、すべて馬立場と馬繋場となっています。その数は21頭の馬を収容することができました。武門をもって知られた彦根藩では、藩士も250石以上は馬扶持を支給されて馬を所持し、馬術の修練を怠りませんでした。

f:id:san-nin-syu:20210818180628j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180641j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180648j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180657j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180706j:plain
f:id:san-nin-syu:20210818180713j:plain

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。