san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

              ★San-nin-syuの城旅「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします★ 右サイドバーカテゴリーより見たいお城をクリックしてください★

縄張図片手に廻る津山城 津山城下 津山藩江戸上屋敷

                    御対面所であり藩主の隠居所

曲水(庭園の曲水に沿って参会者が座り、上流から流される杯が自分の前を通り過ぎないうちに詩歌をよみ、杯を手に取って酒を飲んでから杯を次へ流すという遊び)

リリー 浅丘ルリ子出演作

第11作「男はつらいよ 寅次郎忘れな草

第15作「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」

第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」

第48作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」

私は「寅次郎ハイビスカスの花」が好きですね。

「江戸一目図屏風」について

江戸一目図屏風(岡山県指定重要文化財

「江戸一目図屏風」は、鍬形蕙斎が、文化6年(1809)に描いた江戸の景観図である。画面中央に江戸城を置き、その背後には富士山、そして左に江戸湾、下方に隅田川を配するなど、隅田川東部の上空から鳥になって江戸の町を見渡したような俯瞰図として、極めて写実的に見えるように描かれている。

蕙斎の「江戸一目図屏風」では、巧みな遠近感と画面構成の妙により、実際には距離も方位も少しずつ異なるそれぞれの部分を、違和感を与えることなく自然につなぎ合わせており、江戸時代を代表する新しい都市景観図の傑作として、その評価は極めて高い。

作者:鍬形蕙斎

作者の鍬形蕙斎は、俗称を三二あるいは三二郎といい、生年は不詳であるが、明和元年(1764)説が有力視されている。浮世絵師北尾重政に師事して修行し、天明元年(1781)には、北尾政美の画号を許された。ちなみに、著名な戯作者の山東京伝は、その兄弟子である。

寛政6年(1794)、津山藩に絵師として召抱えられる。浮世絵師から武士になるという破格の出世であった。津山藩の家臣となって間もなく、三二から蕙斎へと改号し、お抱え絵師として狩野家へ入門した後には、名を改めて紹真と名乗る。寛政9年(1797)には、浮世絵師としての北尾の姓を改め、母方の姓である鍬形を本姓とした。

https://adeac.jp/tsu-haku/top/

津山郷土博物館/江戸一目図・津山藩江戸日記等 (adeac.jp)

1874年(明治7年)1月15日、川路利良の建議書が採用され、首都警保のために東京府下の警察事務一切を管理する、内務省管轄の東京警視庁を津山藩江戸上屋敷跡に設置(明治七年一月十五日太政官達第六号)。

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン

縄張図片手に廻る津山城 備中櫓内部

岡山県津山市にある津山城において、当社が復元工事を請け負った「備中櫓」の紹介動画です。 津山城森蘭丸の弟にあたる森忠政公が築城しました。明治8年(1875年)廃城令で、建造物は取り壊されていましたが、築城を開始してから400年目の節目に、城内の櫓の中でも最も大きいとされる備中櫓が復元されることになりました。当時の絵図や明治の頃の写真等を参考に、3年間にわたる施工で忠実に復元されました。 映像提供:津山市教育委員会

鴻池組「蘇る備中櫓-史跡津山城備中櫓 復元のあゆみ-」(200502) (youtube.com)

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン

 

『歴史を廻る会』の兄弟ブログです。『歴史メグラー』お城の旅関係の記事を配信。

ブログ名『歴史メグラー』

ブログアドレス https://rekimegu.blog.fc2.com/

「散策会からのお知らせ」「散策会最新のお知らせ」「散策会一覧」「散策会の様子」その他お城の旅関係の記事を配信しています。ご利用ください。

https://blog-imgs-135.fc2.com/r/e/k/rekimegu22/126e6a502.jpg

縄張図片手に廻る津山城 備中櫓

 本丸御殿台所南側の井戸は今も水を湛えている。ちなみに、平成18年1月17日現在の現地表面から水面までの深さは約12メートル、井戸底部までは約19メートルであった。井戸の内径は約1メートルであるから、今も約550リットルの水を湛えていることになる。『作州津山御城内之記作州津山之御城開築』が記す「本丸井地形より拾間水深サ五間」とは、この井戸のことを指している。

お城の井戸

 雨上がりの津山城跡を訪れた時、石垣から大量の水が噴き出しているのを見かけた。その場所は裏中門南桝形南面の石垣である。津山城跡の中で唯一岩盤が観察される場所である。北斜面の地形を削平し桝形を造出しているが、この時、南石垣面で高さ約1メートル程度にわたり岩盤が削り取られている。石垣はこの岩盤の上に直接積まれており、地下に浸透した雨水はこの岩盤面をつたって石垣から噴き出していたのである。これを見て、丘陵の頂部に位置する本丸の井戸にも水が溜まるということが理解できた。

「津山瓦版」より引用

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン

 

縄張図片手に廻る津山城 天守台

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」より引用

CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン

 

縄張図片手に廻る津山城 六番門跡 天守台

津山城全景古写真西北面松平国忠 (津山藩城代家老、廃藩後に写真館主)

構造

天守は破風を持たない4重5階地下1階の層塔型天守で、南側に六番門(櫓門)を付属させる複合式平面の天守であるが、天守へは東側の穴蔵入り口から出入りする構造であった。天守台の高さは約3間、穴蔵の高さは11尺5寸、天守建物の全高は約23メートル。平面規模は初重、梁間10間(65尺)、桁行11間(71尺5寸)であった。初重の壁面の四隅には袴形の石落としを付け、各階4重目までに鉄砲狭間と矢狭間を開けた。最上階は明治期の写真では、戸板に覆われている様子が写されており、その下階の4重目は最上階とほぼ同規模に造られていることが寸法からも伺われることであるが、創建当初は外廻縁に高欄を廻らせていた。4重目の屋根は板葺きで、軒出も浅く造られていた。これは、言い伝えによると幕府からの咎を避けるためという。一方、国立公文書館に所蔵されている正保城絵図の『美作国津山城絵図』では天守の傍らに「天守五重高十一間」と注記がある。

津山城天守寸法一覧

階数       梁間(東西)      桁行(南北)

5階 (5重)      5間(33尺8寸)             6間(39尺3寸)

4階 (4重)      5間(33尺6寸)             6間(39尺5寸3分)

3階 (3重)      6間(41尺2寸)             7間(47尺8寸2分)

2数 (2重)      8間(50尺8寸7分)      9間(57尺2寸)

1階(初重)       10間(65尺)    11間(71尺5寸)

地下階(穴蔵)   4間半    5間

ウィキペディアWikipedia)から転載。

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。 本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」より引用

CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン

 

縄張図片手に廻る津山城 七番門跡 多門櫓跡

神楽尾城の概要

神楽尾城の地理的・政治的条件

神楽尾城は、東西約20㎞、南北約10㎞に広がる津山盆地のほぼ中央に位置する神楽尾山(標高308m・二等三角点)に築かれた中世の山城です。

要塞堅固に築かれた本丸跡からは360度の眺望がきき、盆地内や周囲の山々や津山市街地が一望できます。まさに「四周展望の城」です。このように神楽尾城は地理的条件に恵まれ、しかも大規模で優れた構造を有しており美作有数の中世山城といえるでしょう。また、この城は、美作国府が置かれた時、国府の背後に当たり、美作国府軍団の根拠地であったのではないかかという説もあり、古くから政治的にも軍事的にも重要な存在であったと考えられます。

説明文と縄張図は「津山瓦版」より引用しました。有難うございます。

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。 本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

『正保城絵図美作国津山城絵図』「国立公文書館デジタルアーカイブ」より引用

CC0 1.0 全世界 パブリック・ドメイン提供

津山市(津山郷土資料館所蔵)公式サイトの古写真をWikipedia:ウィキペディアより引用(パブリックドメイン