san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

緊急のお知らせです 4/23付

緊急のお知らせが2点あります

No0502 武蔵の城の散策会について
今回散策予定の深大寺城跡の主要部は、都立神代植物公園の水生植物園内にあります。現地調査の結果、現在、植物園はコロナウイルス拡大防止のため臨時休園中となってい.て開園の予定がたっていません。そのため5月2日(日)予定の散策会は申し訳ありませんが延期または中止とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。なお参加予定の会員の方には会より直接ご連絡をいたします。

緊急事態宣言発令後の散策会について
東京都、大阪府京都府兵庫県が対象となるようですが、この地域に散策および宿泊をしない散策会は催行していく予定です。
往復の車内、食事場所に関しては、感染予防のため各自がマスク着用、消毒の徹底、大きな声で話さない、こまめな換気等、今まで以上に注意をしていきましょう。
散策会のキャンセルを希望されます方はお申し出ください。
ただ会の運営のため、キャンセルで生じるレンタカー代および諸経費などの代金として、減員の人数により10~25%程度のキャンセル料をいただくことになる場合があります。悪しからずご了承願います。

※今後状況が変わりましたらその都度ブログで発信いたします。

 

縄張図片手に廻る杉山城 南三の郭 井戸跡

f:id:san-nin-syu:20210416163827j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163833j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163840j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163849j:plain

●現在地 南三の郭

f:id:san-nin-syu:20210416163917j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163925j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163932j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416163938j:plain

井楼櫓が建っていたと思われる位置

井楼櫓 戦場で、敵陣を偵察するために四本柱を掘立にして井桁に組んだ簡単なものでした。

昔の盆踊りの会場に立っているもの又は火の見櫓に似た物です。高さは色々です。2.7丈(8m)から4丈(12m)位が普通です。丸太と板さえあれば簡単に出来ます。

応仁の乱のときに山名宗全西陣に建てた大井楼は幅4間,高さ7丈(21m余)で,細川方が相国寺近くに建てたものは高さ10丈(30m余)以上もあったそうです。松代藩鐘楼井楼式高櫓は、高さは約12メートルです。

f:id:san-nin-syu:20210416164233j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164243j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164252j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164302j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416174650j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416183553j:plain

●現在地 南三の郭西虎口

f:id:san-nin-syu:20210416164425j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164435j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164456j:plain

●現在地 井戸跡

f:id:san-nin-syu:20210416164601j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164610j:plain
f:id:san-nin-syu:20210416164621j:plain

石礫は有力な武器でした。『信長公記』にも、三方ヶ原の戦い武田信玄足軽300人(礫衆)を先頭に立てて、石礫を投げて攻撃攻め込んできたと書かれています。

又、毛利家の記録によれば、ある合戦の死傷者150人中25人が「石」によるものだったと書かれています。

古くは「楠正成」の時代から投石を用い、「島原の乱」の際に籠城側が投げた礫で宮本武蔵が負傷したのも有名な話です。

尚、この礫の究極の達人があの「銭形平次」です。??

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

熊本城の天守閣内部が4月26日から一般公開

熊本城の天守閣内部が4月26日から一般公開される。熊本城天守閣(大天守・小天守)の外装・内装工事が終了したためで、熊本城一般公開は「特別見学通路」の完成・公開に続く第3弾。5年ぶりの一般公開となる。

詳しくはこちらのサイトへ

https://kumamoto.guide/look/detail/172

この記事は

「Webサイト:熊本県観光振興課」

「URL:https://kumamoto.guide/look/detail/172」より引用しています。有難うございます。

発掘現場、企画展、一般公開情報、博物館イベント等へ行かれる場合には必ず公式の情報をご確認下さい。

 

 

縄張図片手に廻る杉山城 馬出郭

f:id:san-nin-syu:20210414105709j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105834j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105840j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105849j:plain

●現在地

f:id:san-nin-syu:20210414105920j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105928j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105939j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414105945j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110029j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110038j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110045j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110053j:plain

●現在地

f:id:san-nin-syu:20210414110141j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110153j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110205j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110218j:plain

斜面に対して並行に掘られたものが「竪堀」です。曲輪直下の斜面に掘られていることが多く、これによって敵は斜面での横移動がしにくくなります。その効果をより高めるために竪堀を、何本も連続して並べたのが畝状竪堀です。敵は、横移動が困難なため堀底を歩くしかなくなるので、狙われ易い状態になります。

f:id:san-nin-syu:20210414122501j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414122509j:plain

平山城跡畝状竪堀(京都府綾部市七百石町)『京都府遺跡調査報告書』第14冊1990より引用 有難うございます。

f:id:san-nin-syu:20210414110246j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110300j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110311j:plain

●現在地

f:id:san-nin-syu:20210414110321j:plain
f:id:san-nin-syu:20210414110335j:plain
f:id:san-nin-syu:20210417180050j:plain

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

【山城を攻めろ】岩村城 動画あり

「日本三大山城」に数えられ、城郭ファンにも名高い岩村城岐阜県恵那市岩村町)。階段状に積み上げられた山頂の石垣群は、その風格を漂わせている。

 信濃三河の境界が迫る美濃の東端。急峻(きゅうしゅん)な城山に築かれ、姿や役割を変えながら明治の廃城令まで存在した長い歴史を持つ。遠山氏が治めた戦国期には武田と織田が激しい争奪戦を繰り広げた。1575年、織田信長の嫡男信忠が攻め落とし、その後は織田方の対武田「最前線」として機能した。

詳しくはこちらのサイトへ

https://www.gifu-np.co.jp/news/20210314/20210314-52328.html

この記事は

「Webサイト:岐阜新聞Web」

「URL:https://www.gifu-np.co.jp/news/20210314/20210314-52328.html」より引用しています。有難うございます。

ネットや新聞、出版物等のお城の情報を記事にしています。著作権その他の権利に触れる可能性がある情報が多いので多くのニュースは発信出来ませんがご参考にしてください。

 

4/14付 緊急のお知らせ

以下の散策会で1名のキャンセルが出ました。
日にちが迫っていますが、参加ご希望の方はご連絡ください。

  No0429  4/29(木:祝)~4/30(金)紀州の城~散策会

【募集:8名 禁煙R 食事:朝昼夕各1回】
【会費:¥72500円 現地合流¥62500円、途中駅乗下車の差額なし:事前振込】

⦅往路⦆東京駅(7:00~8:00)品川・新横浜<新幹線指定>新大阪駅
<特急指定>和歌山駅
  安宅八幡城・安宅勝山城・手取城・田辺城・亀山城・大田城・和歌山城
天守は入りません)など
⦅復路⦆和歌山駅<特急指定>新大阪駅<新幹線指定>各駅・東京駅
(20:00~21:30頃)
(宿泊)紀州路みなべ(温泉付)☎0739-72-3939 禁煙和室ひとり1室

 

「まん延防止等重点措置」の下での散策会に関して

現時点(4/14)では感染予防対策を各自がしっかりと行うことを前提に催行していきます。よろしくお願いします。

 

縄張図片手に廻る杉山城 外郭から続く帯郭

f:id:san-nin-syu:20210405112748j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112755j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112801j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112809j:plain

●現在地 外郭から続く帯郭

f:id:san-nin-syu:20210405112912j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112919j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112927j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405112935j:plain

帯郭より見る外郭

f:id:san-nin-syu:20210405113132j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405113153j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405113202j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405113339j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405113353j:plain

帯郭より見る東郭 本郭東郭の高低差が良く分かります ●現在地

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

お勧め図書 『戦国の城の一生』

『戦国の城の一生』つくる・壊す・蘇る

著者 竹井英史 出版社 吉川弘文館 定価1,700円

目次
城の一生・・・プロローグ
築城・・・戦国城郭の築城、築城をめぐる諸問題
維持管理・・・津久井城を歩く 維持管理の大変さ
廃城・・・終わりを迎えた城 廃城の実態 
「古城」・・・「古城」を訪ねて 史料に現れた「古城」 「古城」のゆくえ

「古城」の使われ方 近世初期社会と「古城」

その後の「古城」・・・エピローグ

文献史学と考古学の成果を取り入れて築城、破棄、再利用また城の中でどういう生活をしていたのかを史料を読み解いて明らかにしていき、そして遺跡によるお城の一生の考察など興味深く読めました。

ご一読をお勧めします。

縄張図片手に廻る杉山城 外郭から見る南三・二の郭屛風折り

f:id:san-nin-syu:20210330184859j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330184906j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330184912j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330184920j:plain
f:id:san-nin-syu:20210405171918j:plain

●現在地 外郭 南三の郭前

f:id:san-nin-syu:20210330185352j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185402j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185410j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185422j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185428j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185504j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185519j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185530j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185541j:plain

●現在地 外郭 南二の郭前

屛風折り 土塁を何度も折り曲げて積み揚げ横矢を掛け守備側からの多角的な攻撃を可能している。

等高線に沿って掘られた堀を横堀空堀と呼んでいます。曲輪を取り巻くように掘られたり、虎口の周辺に掘って防御力を高めたり、敵が上がってきそうな緩やかな斜面緩やかな斜面を遮断するために設けている場合もあります

f:id:san-nin-syu:20210330185651j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185715j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185750j:plain
f:id:san-nin-syu:20210330185802j:plain

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。

伊勢原市「西富岡・向畑遺跡」発掘現場見学会 公益財団法人かながわ考古学財団

縄文時代後期の埋没林~

令和3(2021)年4月17日(土)
午前 10:00~11:00
午後 13:30~14:30

申込み不要・参加無料

詳しくはこちらのサイトへ

https://www.kaf.or.jp/2021/03/24/nishitomioka-2/

この記事は

「Webサイト:公益財団法人かながわ考古学財団」

「URL:https://www.kaf.or.jp/2021/03/24/nishitomioka-2/」より引用しています。有難うございます。

発掘現場、企画展、一般公開情報、博物館イベント等へ行かれる場合には必ず公式の情報をご確認下さい。