san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

縄張図片手に廻る彦根城 太鼓丸

f:id:san-nin-syu:20220212154817j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154824j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154829j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154836j:plain

●現在地

f:id:san-nin-syu:20220212154908j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154914j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154919j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154925j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154948j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212154955j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212165048j:plain

●現在地

f:id:san-nin-syu:20220212155127j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212155134j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212155142j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212170010j:plain

●現在地

この太鼓丸東石垣と本丸石垣下に挟まれて造られた埋門は、見にくい位置に有りいざという時の退避口と考えられます。左に石垣の際を進むと裏御門の辺りに退避でき、右に石垣の際を進むと表御殿裏に至ります。また、石垣整備、補修の出入り口の可能性もあります。おそらく両方を兼ねていたと思われます。

f:id:san-nin-syu:20220212155413j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212155421j:plain
f:id:san-nin-syu:20220212155432j:plain

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。