san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

樫野崎灯台や湯浅党城館跡などが史跡指定へ

湯浅町の湯浅城跡と、有田川町(ありだがわちょう)の藤並館跡(ふじなみやかたあと)は、どちらも、平安末期から南北朝(なんぼくちょう)時代にかけて大きな勢力を誇った、湯浅一族を中核とする武士団「湯浅党(ゆあさとう)」の城跡で、13世紀ごろに作られたことが発掘調査などでわかり、有田川の流域を中心に栄えた中世前期の武士団の在り方を知るうえで重要な資料として評価されました。

詳しくはこちらのサイト

https://wbs.co.jp/news/2020/11/20/152626.html

ネットや新聞、出版物等のお城の情報を記事にしています。著作権その他の権利に触れる可能性がある情報が多いので多くのニュースは発信出来ませんがご参考にしてください。