san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

縄張図片手に廻る彦根城 三重三階地下一階望楼型複合式天守 6 天守3階

f:id:san-nin-syu:20220418123415j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418123421j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418123426j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418123435j:plain

天守3階

f:id:san-nin-syu:20220418124149j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124311j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124317j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124326j:plain

驚くべきは天井の梁で、曲がりくねった木材を巧みに組み合わせて作られた梁からは、極めて高い建築技術をうかがい知ることができる。

 

f:id:san-nin-syu:20220418124356j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124405j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124412j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418123404j:plain

唐破風の雨仕舞いの困難さから庇をつけた囲いを作ったと思われます。

f:id:san-nin-syu:20220418124447j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124528j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124522j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124534j:plain
f:id:san-nin-syu:20220418124540j:plain

本日もブログを見て頂きありがとうございます。 感謝申し上げます。お城でお会いできる日を楽しみにしています。

本サイトの内容(写真の説明、記事等)に誤りが含まれている可能性もあります。 どうかご容赦ください。