san-nin-syuの城旅

san-nin-syuの城旅

「歴史を廻る会」の活動の様子をお伝えします。

 屋久島町教育委員会が5月末から約1カ月の予定で楠川城跡(屋久島町楠川)の発掘調査を行っている

 楠川城は戦国時代の1524(大永4)年、当時屋久島を領有していた種子島氏が築いた山城。海抜50メートルほどの丘の先端に位置し、海に面する北側と川に沿った西側は急斜面で、なだらかな南側と東側には堀が設けられていた。頂上付近の3つの曲輪(くるわ、城の平坦部)からは海峡を挟んで種子島が一望でき、狼煙(のろし)を使った種子島との連絡に都合がいい。

詳しくはこちらのサイトへ

https://yakushima.keizai.biz/headline/511/

この記事は 「Webサイト:屋久島経済新聞」

「URL:https://yakushima.keizai.biz/headline/511/」より引用しています。有難うございます。

 ネットや新聞、出版物等のお城の情報を記事にしています。著作権その他の権利に触れる可能性がある情報が多いので多くのニュースは発信出来ませんがご参考にしてください。